タルトタタン『みたいな』リンゴのケーキ

タルトタタン風リンゴのケーキ ケーキ・パイ

だいたいパーティーメニュー持ち寄り計量ちゃんと図る作り置き保存できる
甘くなかったり、美味しくないリンゴのとき、細かく切って砂糖とレンチンしてジャムやソースにして食べるけど、たくさんあるときは大変。アップルパイはてもかかるし暑い季節は生地作りがうまくいかないことも。さっと作れて簡単なケーキはないかと考えたレシピ。パイ生地無しで、まとまるように生地と混ぜてフライパン一つでタルトタタン『風』に焼きました。前日に作り置きで、冷蔵庫で冷やしてもおいしい。
1.カラメルソースがポイント。砂糖が溶けるまでは、少し放っておいてもいいけど、色がついてくると一気に茶色くなってくるので、気を付けて。苦いのが苦手なら、色が薄い内に、火を止めます。
2.甘くないリンゴだったら、リンゴを煮るとき砂糖を足してください。
3.ココナッツ油のかわりにマーガリンやバターでも。湯煎で溶かしておきます。レンチンなら、優しく。急に高温になると、爆発します。
4.テフロン加工のフライパンで。テフロン加工ではない場合は、一度生地を取り出し、フライパンを良く洗ってバターなどをひいた方がいいです。私はめんどくさがりなので、フライパン用ホイルやフライパンシートをひいて焼きます。フライパンを洗うのがすごーく楽です(o-ω-)

- 材料 -
フライパン1枚分
【カラメルソース】
◆砂糖 ・・・100g
◆バター ・・・大2
【フィリング】
リンゴ ・・・だいたい2個
卵 ・・・2個
砂糖 ・・・30g
ココナッツ油(マーガリンやバター) ・・・50CC
薄力粉 ・・・80g

- 作り方 -

  1. カラメルを作る。フライパンに砂糖を入れて火にかける。じきにふつふつしてきて、色がついてくる。好みの色になる少しだけ前に火を止めバターを加え、小さな耐熱容器に半量取り分けておく
  2. リンゴは皮ごと5mmくらいの薄切りにし、1のフライパンに入れ炒める。(甘くないリンゴだったらここで砂糖を足す)絡まってきたら、蓋をして火を通す。焦げないように。
  3. 寒い時期などで、ココナッツオイルが固まっているときは湯煎などで溶かす。
  4. 卵と砂糖をよく混ぜ、ココナッツオイル、薄力粉の順に加えてよく混ぜる。
  5. 2.に4を入れて、平らにして中弱火で蓋をして焼く。
  6. 取り分けておいたカラメルが固まっているので、水大1~2加えてチンして溶かす。
  7. 片面が焼けたら、6のカラメルを、全体にまわしかけて裏返し、少しゆすって全体にカラメルがいきわたるようにして焼く。蓋はしない。
  8. 爪楊枝を刺して生地がついてこなければ出来上がり。
  9. 荒熱がとれたら、ラップをして冷蔵庫で冷やす。
タイトルとURLをコピーしました